愛野駅

このページでは、静岡県袋井市にあるJR東海の「愛野駅」について、周辺エリアの特徴や地元住民からの口コミ評判、愛野駅エリアの暮らしやすさなどを紹介しています。

愛野駅周辺エリアの住みやすさを紹介!

交通アクセス

愛野駅はJR東海(東海道本線)の駅であり、そもそもは2002年に開催された「2002 FIFAワールドカップ」の試合会場(静岡県小笠山総合運動公園スタジアム)の最寄り駅として開業されました。

新幹線の停車駅である掛川駅と、袋井駅との中間にある駅として運用されており、2001年の開業初年度は1日の平均乗車人員が千人未満だったものの、その後は愛野駅エリアの発展に伴って利用者の数が倍増しています。

乗り入れている路線は東海道本線が上り・下りでそれぞれ1本ずつと、駅としての規模はそれほど大きくないものの、掛川市と袋井市をつなぐ駅として地元民から愛されています。

また、駅の住所は袋井市になりますが、袋井市と掛川市との境界線に近い場所にあり、東へ数百メートルで掛川市に至ることもポイントです。このため、場所によっては袋井市の住民だけでなく掛川市の住民にとっても最寄り駅として活用されています。

治安情報

サッカーのワールドカップ開催に合わせて発展したエリアであり、比較的新しいことからも町全体が綺麗に整備されていることは魅力です。街灯もしっかり機能していて、警察による定期的なパトロールも行われており、治安に関しては良いといえるエリアでしょう。

また、古くから暮らしている人だけでなく、開発に合わせて転入してきた人も多く、若い世代や学生が多く暮らしていることも特徴です。

周辺の商業施設

愛野駅の周辺には静岡県内で人気のスーパーマーケット「スーパーラック愛野店」があり、日用品や食品などの購入に利用されています。

また、愛野駅の近くにある商業施設として、およそ最も特徴的なものが「静岡県小笠山総合運動公園スタジアム(通称:静岡スタジアム エコパ)」です。収容人員5万人を超えるスタジアムでは、FIFAワールドカップのようなサッカーの国際大会をはじめ、Jリーグの試合やラグビーの大会、国民体育大会なども開催されており、スポーツ競技者やスポーツファンにとって重要なエリアとなっています。

その他、エリアの発展に合わせてオシャレなカフェやレストランも増えています。

愛野駅周辺の住みやすさに関する口コミ

愛野駅周辺エリアの住みやすさのまとめ

愛野駅はスポーツの国際大会の最寄り駅として開業されたという経緯もあり、小さい駅ながらも交通の利便性は高くなっています。特に、隣駅の掛川駅は新幹線の停車駅なので、遠方へ移動したい人にとっても便利です。

新しく発展したエリアだからこそ、町内には若い世代や新しい住民を迎える新興住宅地も広がっており、治安も良く、町全体に活気もあって暮らしやすい土地柄といえそうです。

\住む人別で比較/ 袋井市でおすすめの
賃貸不動産会社4選

学生・社会人・ファミリー・単身赴任など住む人に合わせておすすめを紹介します。
理想のお部屋探しの第一歩として、参考にしてくださいね♪